★歯科医師・歯科衛生士等が各事業所に出張して検診を行います。
●基本検診
@歯列・咬合・顎関節の検査:歯並びやかみ合わせ、顎関節の状態を検査し、咀嚼(そしゃく)、発音など、機能的な側面から 専門的な治療が必要かどうかの判定を行います。
A歯垢の状態の検査:歯垢の付着状況を検査し、ブラッシング指導が必要かどうかの判定を行います。
B粘膜状態の検査:下や頬粘膜等の状態えお検査し、精密検査が必要かどうかの判定を行います。
C歯の状況の検査:歯の検査(健全、処置、未処置、喪失等)により、治療の必要性を判定いたします。
D歯周組織の状態:特定の歯についてWHO準拠の検査を行い、歯周治療の必要度を判定します。
 
●オプション検査
@歯周病基本検査(全歯):全ての歯について歯周ポケットの測定、歯肉からの出血の有無、歯牙の動揺度(歯のぐらつき)などを検査し、より詳しく歯周病の状態の判定を行います。
A唾液潜血テスト:歯周病では歯肉の炎症が進み、出血し易くなります。また歯肉からの出血がきっかけで見つけられる「他の 疾患」もあります。唾液中に血液が混じっているかどうかの検査を行います。
B口臭検査:ご自分の口臭を気にされている方は約7割と多く、また実際に歯周病が進行すれば口臭は必ず伴います。 口腔内ガスと呼気ガスを専用の測定器を用いて検査し、口臭の程度の判定を行います。
 
※受信人数、検診内容により健診料は異なります。詳細はご相談の上、決めさせていただきます。
歯科医師、衛生士による口腔衛生講話や予防教室も行いますので、お気軽にご相談下さい。

Copyright (C) 2008 Yono Dental Association. All Rights Reserved.